BLOG

世界のカバン博物館 

こんにちは。IKUMA です。

東京浅草にある「世界のカバン博物館」に行ってきました。

こちらの博物館はエース株式会社が運営しており無料で観覧ができます。紀元前の動物の革を袋状にしたバッグから始まり、現代の多種多様なバッグまでの歴史を知ることができます。

 

「ものづくりをするということは、どうゆうことだろう?」と考えさせられます。時代の変遷とともにカバンの形や装飾も変化してゆきます。消費の性向も一定のスパンで移り変わり、今日は多様な需要があります。モノの大量消費からモノに愛着やストーリーを抱かせるモノづくりに移行し、並行して体験型の「コト」の消費もあります。

「これからの時代、どんなものが求められ、どんなものが生まれてくるのか?」そんな問いを常に頭の片隅に置き、生活したいものです。

 

2018 FIFAワールドカップ ロシア大会での香川選手が使用したキャリーケースも展示されていました。

カバン好きの方は一度行ってみてはいかかでしょうか?

 

気になっていた KAGIYAビル に行ってきました

works

関連記事

  1. 革包丁

    2018.10.09
  2. 清水アートクラフトフェアに向けて製作しています

    2019.04.16
  3. 風邪をひいていました。

    2018.10.20
  4. 藤田嗣治 展

    2018.12.26
  5. 気になっていた KAGIYAビル に行ってきました

    2018.07.13
  6. 清水アートクラフトフェアを終えて

    2019.04.22
PAGE TOP