BLOG

黒桟革のキャッシュトレーを製作してみました

こんにちは。IKUMA です。

黒桟革キャッシュトレー のご紹介です。(黒桟革は牛革の表面に漆が何層にも重ねて塗り上げてある日本特有の革です。)

コイントレーと革を二枚用意します。

キャッシュトレーの表面を荒らして接着剤を定着しやすくして、革を表と裏から張り合わせます。若干シワになってしまいました。少し貼り方に工夫が必要です。

 

しっかりと圧着します。

キャッシュトレーの縁から一定の巾で裁断して、コバを磨けば完成です。

黒桟革の質感にうっとりします。

 

キャッシュトレーとして使用すると黒桟革の表面がコインと擦れたりして良い味わいになってゆきそうです。今回は黒桟革で製作しましたが、オイルレザーやエキゾチックレザーでも素敵なものができそうです。

スマートフォンケース

眼鏡ケース

関連記事

  1. 定番バッグ【Nuvem】の製作過程

    2018.12.01
  2. 定番ショルダーバッグ【Punho】のパターンオーダー

    2018.12.22
  3. 薬、ピアス、指輪…小物入れ Redondo Case 製作②

    2018.05.18
  4. 【Dobrar Coin Quarto】ブッテーロで製作しました。

    2019.02.28
  5. ミニウォレットの試作

    2019.01.20
  6. スマートフォンケース

    2018.09.30
PAGE TOP