BLOG

眼鏡ケース

こんにちは。IKUMA です。

10月に入ったのにまだまだ蒸し暑いですね。あと三か月で今年も終わりです。早い。

最近「薄い眼鏡ケースはありませんか?」というお声を頂くので、眼鏡ケースを製作してみました。

一枚のパーツを折り合わした単純な構造です。

市販のものより若干縦の巾(短い辺)を狭くして、眼鏡が抜け落ちにくくしました。

 

今回使用している姫路産のシュリンクレザーは薄く漉いてもしっかりとしたハリ感がありつつ肌触りはソフトです。薄く漉いた革2枚を張り合わせてあるので、しなやかであり適度なハリがあります。

今回はピンク、ライム、ブラック、キャメルの4色製作しました。コバは染色せずに磨きあげましたが、黒で染め上げたほうが締まったかな?とも思います。

黒桟革のキャッシュトレーを製作してみました

革包丁

関連記事

  1. キーホルダー シュリー オンラインショップに登録しました。

    2019.02.17
  2. 風呂敷をモチーフにしたバッグ【Furoshiki】

    2019.02.20
  3. ベルト製作①

    2018.07.11
  4. スマートフォンケース

    2018.09.30
  5. 薬、ピアス、指輪…小物入れ Redondo Case 製作②

    2018.05.18
  6. ハンドバッグ 【Furoshiki】

    2019.03.12
PAGE TOP