トートバッグ プロダクト

夏に向けて帆布×レザーのミニトートはいかがでしょうか?

更新日:

こんにちは。IKUMA です。

前後でデザインが異なるトートバッグ

こんにちは。IKUMAです。 試してみたい構造がいくつかある中で、今回はこんな感じのトートバッグを製作しました↓↓   ...

続きを見る

以前、ご紹介したAssime Tote Mini をレザー×帆布のコンビで製作しました。


素材

ミネルバ・ボックス

オイルがしっかりと染み込んだオイルレザー。使い込むほどに色艶が変化します。

倉敷帆布

帆布は倉敷帆布を使用。昔ながらの製法で仕立てられた厚手の帆布です。(厚みは6号)帆布は革と同様に使い込むとエイジング(経年変化)するのが魅力のひとつです。

革との相性も良いです。

生成り(キナリ)は色味が明るく汚れが目立ちやすいので、今回はパーツの段階で防水スプレーで防水加工をしっかりとしています。水や汚れを弾きます。

※防水性能は使用に伴ない低下してゆくので、定期的に防水スプレーで防水加工をオススメしています。

スペック

寸法(高さ×横幅×マチ):22cm×25cm×12cm

重さ:500g程度

革:ミネルバ・ボックス

帆布:岡山帆布6号

縫製:ミシン縫い

 

外観

前胴に生成りの帆布を、背胴から底にミネルバ・ボックスのTabaccoを使用しています。

サイズはオールレザーのものと同じです。

ぐるっと玉縁(パイピング)

底面には革がくるので汚れなどが目立ちにくく安心です。

帆布の断面が見えないように裏地にもミネルバ・ボックスをあてています。

ベロは真鍮のジャンパーホックで開閉

吊り下げ式のポケットが一箇所。

マチは真鍮製のカシメで留めてあります。
底板には厚めの芯材にミネルバ・ボックスを巻き込んだものを当てています。

オールレザーのものと比較してみました。

正面からはほぼ同じデザイン。

斜めから見ると帆布が目立ちます。

こちらの面は帆布の面積が多く帆布のトートらしいデザイン。

 

製品詳細動画

 

価格

帆布のバッグはカジュアルな風合いなので価格が安くなります!・・・と言いたいところなのですが、実際は高くなります・・・。

帆布を使用することでオールレザーでは使用しない部分に革を当てる必要がでてきます。実際のところ使用する革の量はオールレザーとほぼ同じです。パーツが5つ増えることによりコバ処理、漉き等で製作時間がかかります。さらに帆布代。

そんなこんなでオールレザーのものより価格は高くなってしまいます。

ですが、個人的に3万円以内に収めたいので今回はオールレザーと同じ価格

¥28,600 で販売します。


これからの季節、帆布のバッグは活躍する機会が増えると思います。店舗にてご覧いただけますのぜひお立ち寄りください。

 

話は変わりますが、秋になったら帆布の部分にツイードなどを当てたら、また違った風合いのバッグができるなー、とあれこれ考えています。

-トートバッグ, プロダクト

Copyright© IKUMA BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.